08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

hyde&tetsuya@MUSIC LINE

以下hydeをhtetsuyaをtパーソナリティをpとします。
話を聴きながら結構相槌してるんですが、そこは省きます(^^)

1/27 NHK-FM MUSIC LINE 

p「さぁここからはゲストの登場です。では自己紹介をお願いします。」
h「hyde~ですっ」
t「え~ラルクアンシエルtetsuyaです!」
p「はい、よろしくおねがいします~。」
&「よろしくおねがいしま~す。」
p「はい、今夜は、ニューシングル、「BLESS」についてお話をおうかがいしていきます。ではまず一曲ご紹介をいただけますか?」
h「はい、じゃあ、ラルクアンシエルで「BLESS」。」

=♪BLESS♪=



p「MUSIC LINE、お聴きいただきましたのは今夜のゲスト、ラルクアンシエルのニューシングル「BLESS」でした。さ、この「BLESS」、NHKバンクーバーオリンピックテーマソングになっていますけれど。」
h「うん~。」
p「初めにオファーの話が来たときにすぐに曲のイメージって浮かんだんですか?」
h「そうですねぇ、あの~元々あのこの曲は土台ができていて、この曲をうまくアレンジして使えないかな~って感じでしたね、はい。」
p「まぁ、この曲はテーマソングということで結構大きなオファーだったんじゃないかなって思いますけれども。お話をいただいた時はどんな感じでしたか?」
h「ま、でも、みんなで頑張って、あの~、なんかそういう?オリンピックに似合うような曲であったりとか、まぁ、それに拘らず、いい曲?ってのを皆で目指して頑張った感じ。ほんと…頑張ったって感じですね(笑)」(一同笑)
p「でもなんかスタンダードな雰囲気も漂いつつ、まぁ、ストリングスのアレンジなんかも印象的ですけどもすごくうまく空間がありつつ、そして言葉にすごくこう、今までやってきたここ迄辿り着いた人たちを称えるようなね、え~、ほんとにまぁ「BLESS」というタイトル通りの雰囲気もありますけれども。結構あの~、スポーツっていうのは「勝者」とそれから「敗者」っていうのが出てきますけれども、まぁどっちに転んでもバンクーバー、まぁバンクーバーに限らずオリンピックに辿り着くことはすごく大変なことだと思いますし、やっぱりその辺をまず称えるっていうのが、先にあったんですかね?」
h「そうですねぇ…あのぉ、まぁ勝ち負けはそういうスポーツですからあるんですけど、あのぉ…なんて言うんでしょうねぇ…小さい頃からね、夢に向かって歩んできたっていうのが、あの~僕らいい年なんでねぇ(t笑 pいえいえ笑)画面見てて滲み出るんですよ、出てくるんですよね、そういう所が、今だけじゃないんだな、今画面でたまたま切り取られてるけど、本当はもっと深い努力やら何やらがあって色んなドラマがあって、今やっとそこに居るんだな、っていゆうのが、ま見えるんですよね。若い頃はそんなに気にしてなかったけど、見てるとねぇ(鼻をすする笑)そこが一番感動するというか。」
p「ずっとやっぱその~小さい頃から一つの競技だけを、その~やってきた積み重ねの成果がやっとそこに辿り着くという、そういうのはありますけどねぇ。」
h「しかも毎年やってるならべ別だけどさ。」
p「そうですねぇ。」
h「4年に一回だから、そのねぇ、前回出れなかったってのもあるじゃない。かぁわいそうだよねぇ、誕生日が数カ月ズレただけで、(そうでしょうね)そうそう。」
p「で、まぁスポーツ選手にとって4年という期間はやっぱり、まぁ凄く良くいいように転じることもあれば、去年だったら!っていうところもあるでしょうね~、周期ってっていうのも、とても運命的なものを感じるわけですが、結構スポーツなんかをご覧になっていて、たとえば勝者の気持ちと敗れた気持ちどっちもあるじゃないですか、そういのってやっぱりこう感じながらご覧になったりするんですか?」
h「あ~俺…うちのドラムも言ってましたけど、あの、勝ち負けがかかってくるともう観れなくなってしまう。決勝とかなってしまうともう怖くて。」
torp「怖くて駄目なんだ。」
h「teっちゃんなんかサッカー観てるけど、あれ怖くないの?」
t「あれはねぇ。」
h「ここでミスったらやばい!とか。」
t「あのぉ~、高校サッカーとかはね、負けた方もかわいそうやしぃ、(h笑)」
h「かけてるもんね。」
t「う~ん、あれはちょっとねぇ、心痛いねぇ。」
h「そうそうそう。」
p「でも一試合勝ったら、またその破った相手の想いもこう一緒に持っていかなければいけない(hそうですね)のは重いですよね。よくあの高校サッカーとかだと、負けたらそこでその夏が終わったとい、たとえば、高一の夏ってのは一回しかないし、、普通にいけば高二の夏も一回しかないし、そういうのもあるでしょうし、ましてやオリンピックなんかね、特別なものがあるんじゃないかなっていうのはありますよね。でも、すごくあの、ずっと一つのものをやり抜いてそして舞台に立つっていうのはどこかアーティストに通じるものもあるんじゃないですか?ライヴとか、音楽を積み重ねてきてそれを人の前に立って発表するというか。」
h「う~ん、まぁ、ちょっとおこがましいってのはあるんだけどぉ(笑)、あの~、ここまでストイックにやってないからねぇ(笑)(pいやいやいや!)ってところがあるからぁ、一緒にすると悪いところはあるんだけど~、でもその、ね、僕らだけでは決して舞台に立てない訳で、っていう所はすごく似てるなって、色んなもの背負ってその舞台に立ってるんだっていう。で~アスリートの人たちも、まああの、もっと大きいものだろうけど、すごい観客もそうだしテレビの向こう側の人を入れるともう何億人もの人が、その人をっ応援するわけじゃないですか。それを背負ってその競技をするっていうのはすごいものがあるなって思いますね。でもそういう意味ではね、少し、色んな人に支えられているところは、似てるかなぁって思う。成果をね、そこで爆発するってのは。」

p「今回のアレンジの部分なんですけども、間奏の部分ってのはまぁ、ギターソロだけじゃなくてオーボエも入ってくるんですけれども、これは結構大胆なアレンジだなっていうのも思いましたけれども、これも最初っからこう、結構聴こえてくる部分だったんですか?」
h「オーボエはコボエにしようか、どうしようかなーって。」
p「ハハハハハ笑」
h「ははは(笑)があったってのは冗談でしょうけどぉ(笑)(一同笑)まぁそれぐらいの(笑)最初は弦だったんだけど、多分kenちゃんかなぁ~?オーボエ…」
t「オーボエ好きですからねぇ。」
(声が小さすぎて拾えず自信なし笑)
h「オーボエにしよ、って。」
p「じゃあもう今の形であるから生まれたような感じでも。」
h「そうですね~。」
p「あの毎回思うんですけども、楽曲のアレンジというか、あのここの楽器がすごく空間を持って鳴っていて、でまぁ、ストリングスのアレンジにしても、どっかどれも独立していて、あの綺麗にポイントポイントでこう折り重なって膨らんでいくアレンジっていうのはすごいんですよね、独特のものがありますよね。」
h「う~んそうですね…。」
p「で結構曲の最後の方でkenさんのギターソロ、泣きのギターソロがありますけれども、これかなり印象的でしたね。」
h「ねっ。それはkenちゃんのアイディアで、入れていった、入れてくれたんだけど。聴いた瞬間に「お、値段が上がった!」(p笑)ふふ、あはは(笑)曲の値段がねぇ、ぐっと上がった気がしました。」
p「この詞を書くのは結構時間かかったりしました?」
h「時間かかったね~、あの~なんか、なるべく少ない言葉を繰り返したかったんですよね。(うん)あの、要は印象付けたかったと。だから沢山詞を書いてそれを「全部覚えて」、っていうの言うんじゃなく、そういう方向じゃなくて、一つの言葉を覚えさせ…たいっていうかなぁ、だからっ、一つってあの~思えば思うほどぉ、一行が、比重がかかちゃって、考えすぎちゃうっていうか、だから一行にすごい時間がかかりましたね。何週間もかかったかなぁ…。」
p「これは詞も全部書きあがった段階で、あの「BLESS」っていうタイトルがついたんですか?もう先に「BLESS」っていうイメージはあったんですか?祝福をするっていうのは。」
h「あ~最後だね。」
p「一番最後に。」h「うん。」
p「まぁふさわしい言葉っていう意味でも。」h「そうですね。」
p「そしてあの、カップリングにコンチェルトが収録されておりますけれども、えーすごくインストバージョンでも雰囲気が変わりますけれども、でも元々こういう楽曲と言われればそんな雰囲気もありますけどね。その完成を聴いた時はどうでしたか?仕上がった時。」
h「まぁなんか、これはこれでいいじゃないの、ってゆう。その、こっちが好きって人もいるだろうなっ、てくらいあの…いいバージョンだなって思いました。」
p「まぁ、勿論、歌バージョンありきであの~また一層響く曲だとは思うんですけれども、すごく世界観というか、強さ、また言葉がはまった、言葉ありきのこのバージョンを聴くとますます滲みるな~という感じもします。」
h「う~んそういうのもありながらも、次の曲がちょっとあの~すごい曲が入ってるんでぇ、その間にちょっとねぇ~ワンクッション入れた方がいいかな~ってゆうのもありながら。」
p「まあそれは、そういう意図もありながら。笑」h(笑)

p「そのもう一曲というのが、えーP’UNK~EN~CIELが登場するわけですけども。(はい)「ROUTE 666」、のカバー。」
h「カバーですかね、えへへ笑」←可愛いw)(一同笑
p「ってゆうんですかねっ。」
h「うん、ラルクのカバーですね、はい。」
p「かつての80年代ハード、ヘビーメタルシーンを代表するバンドモトリークルーをの名曲「Live Wire」の雰囲気を大胆に取り入れいますけれども、結構あのモトリークルーってのはルーツにあるんですか、皆さんの?」
h「僕はあれですよ、ギターで最初にコピーしたのはモトリークルーでしたね」
p「そうですか。あの、ミック・ジャガー…じゃない!あの~え~ミック・マーズ!」
h「ミック・マーズ。ミック・ジャガー(笑)違うとこいきましたね(笑)ミック・マーズ。(小声でボソっと笑)」
p「(笑)あのカーベルを叩く間のブレークのところ、あれ結構みんなやりましたよね。」
h「そうですね。」
p「あのートミー・リーのこう、右手を…あ、左手?を上げたままこう、ねっ、かなり憧れたものですが。」
h「うーん。」(反応薄っ笑)
p「で、あのー、T.E.Z P’UNKさん!としての工夫はなにかされたんでしょうか?」
t「工夫ですか?しなかったんだよねぇ。」(pふふ笑)
h「気が付いたら録り終わってた!」
t「そうだっ!」
p「(笑)そうなんですか?へぇ~。」
t「もう早く歌入れしないとぉ、リリース間に合わないんじゃないの?ってゆう。」
p「えぇー。」
t「って言ってたんですけど、「いや、録ったよぉ。」って言われて。(はい)「いやいやいやいや、俺録ってない。記憶にないもん。」って言って、ユッキーの仮り歌かな~?って聴いたら僕の声でした。」
p「あっ。え、今回はyukihiroさんが、あっYUKI P’UNKさんが…(微笑)」
h「今回YUKI P’UNKがアレンジで、デモの段階では彼が歌ってるんですよ。」p「はあはぁ、じゃあいつの間に自分が歌ったんだってゆうか、あの時歌ったやつが本チャンになってるってゆう?」
t「だからぁ…ほんと、ねぇ、すごい得した気分でしたよ。」
p「ふふふっ(笑)作業的には?」
t「あ、はい。録れてるんだ、って。」

p「さぁ、2月にいよいよバンクーバーオリンピックが始まりますけれども。」
h「はい。」
p「競技の模様と「BLESS」がどんな風に感動を生みだしてくれるか楽しみですけれどもね。で、また選手たちのすべて出し切る姿とこの楽曲が重なると、またひと際ちょっとこう胸熱くなる部分があるんじゃないですかね。」
h「うーん、ですかねぇ。僕ちょっと…恥ずかしくて(笑)」←めっちゃ可愛いかった笑)
p「い~やいやいや。」
h「あはは(笑)照れちゃうんだよねっ。」
p「かなり沢山の感動を生みだしてくれると思います。」h「はい。」
p「ふさわしい曲だと思います。」
h「ありがとうございます。」
p「ほんとになんかこう、楽曲を聴いてると、まだ観てない選手もいるけど、ほんとにね、この一年、この一つのイベントのためにこう…ってわけでもないのかもしれないけれど、そこに辿り着くっていうのは並大抵のことではないんで。」
h「そうですねぇ。」
p「積み重ねてきたものが浮かんできそうな。」
h「今回すごいさぁ、歌詞とかも感情入れてつくったからぁ、オリンピックに対してすごい思い入れができちゃってぇ、だから今予選とかで~まぁ先月までやってたのだけ観ても涙が出てきたんだよねぇ。もう感情移入しちゃうから~、こん中で勝った人だけが行けるんだ、って思うと、なんか涙が出てくる。」
p「まぁそこまで予選とかを観てると、気になる選手がいてもその選手がもしかすると行けないかも知れないってゆう、なんかそういうところも手に汗握りますよね。」
h「そうですね。」
p「はい!今夜はゲストにラルクアンシエルからhydeさんとtetsuyaさんをお迎えしました。あの、お二人にとって2010年ってのはまぁオリンピックイヤーっていう意味で非常に大きな一年になるとは思うんですけれども、何か今年、抱負的なものはありますか?」
h「抱負ですかぁ…。なんか、色々水面下でやっていることがあるんで(笑)それの~ゆっくり期待しててもらえたらな、って感じですかね。ラルクとしては。」
p「う~ん、そう言われると、かなり期待が膨らみますよね。」
h「は~い(笑)」
p「はい。それを一つ、楽しみに待っていていただきたいと思います。」
h「はい。」
p「ではニューシングル「BLESS」からもう一曲お聴きいただきながら、お別れしたいと思います。曲紹介お願いできますか?」
h「はい。パンクアンシエルで「ROUTE 666-2010-」とっ。はい。」
p「ありがとうございました。」

=♪ROUTE 666-2010-♪=


teっちゃんはほっとんど話す機会がなかったですね~。
雰囲気が良かったので文字興ししよう~ってなんとなく思ってやったんですが、
今までに片手で数えられるくらいしかやったことないけど、キツいですね~(笑)
いつもお世話になっているブログさん達は本当凄いな~。
というわけで、読みづらいですが、ここまで読んでくれた方ありがとうございました!
スポンサーサイト
Secret

゜+☆Profile☆+゜

みぃこ

Author:みぃこ
†憧れのフィールドでrestart
|x_x|x_x|x_x|x_x|x_x|
†favorite artists:
L'Arc-en-Ciel
TETSU69→tetsu→TETSUYA
HYDE
GACKT(+JOB)
MONORAL
Fukuyama Masaharu
|x_x|x_x|x_x|x_x|x_x|
teっちゃん寄りの
♪LE-CIEL会員♪
★BROS.会員★

☆詳しいプロフ☆


*2011live*
・20th L'Anniversary Starting Live"L'A HAPPY NEW YEAR!"
12/31-1/1幕張メッセ

5/28 20thL'Anniversary Liveライヴ・ビューイングinシアター
・20th L'Anniversary Tour
9/17マリンメッセ福岡
9/18マリンメッセ福岡
12/4京セラドーム


・TETSUYA TOUR2011"COME ON!FEEL THE LIGHT!"
1/29Zepp Fukuoka


・Fukuyama Masaharu WE'RE BROS. TOUR 2011"THE LIVE BANG"
5/3 福岡マリンメッセ
8/7 国立代々木競技場第一体育館
9/11 広島グリーンアリーナ"
12/31 冬の大感謝祭其の十一
"無流行歌祭!"ライヴビューイング

*2012live*
・L'Arc~en~Ciel LE-CIEL限定LIVE
2/22 横浜アリーナ
・VAMPS LIVE 2012
9/5 Zeep Fukuoka
9/6 Zepp Fukuoka

†CATEGORY†

†RECENT diary†

†RECENT comment†

†SEARCH in this blog†

♪MUSIC♪

†LINKS†

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。